毎日使える。みんなで使える。e-cosmetics

どう選ぶ? 日やけ止め 紫外線対策に欠かせない化粧品、「日やけ止め」。たくさんの種類がありますが、用途に応じて選ぶことが大切です。日やけ止めの上手な選び方のポイントをご紹介します。

暖かくなるにつれて、気になってくるのが紫外線対策。
日やけ止めが必要ということは分かるけれど、SPFやPAってなんだろう…?
たくさんの種類があって何を選んだらいいのかわからない…。そんなことはありませんか?

コープ化粧品には、生活シーンや、効果などによって選べる日やけ止めがあります。
こちらでは、それぞれの商品や特長の紹介をいたします。

あなたの生活シーンやお好みに合わせて、日やけ止め選びの参考にしてみてくださいね。

生活シーンに合わせた日やけ止めの選び方

日やけ止めを使って、紫外線をきちんと防ぐためには、
・生活シーンに合わせた日やけ止めを選ぶこと
・日やけ止めの「SPF」や「PA」表示を見て選ぶこと

が大切です。

下の表をご覧ください。

例えば、「散歩や買い物など、日常生活で浴びる紫外線」と「炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツで浴びる紫外線」との量や強さは同じではありません。前者はSPF10〜20程度の日やけ止めが適し、後者はSPF50〜50+(SPF最大値)が目安となります。

日本化粧品工業連合会 編『紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果』より

「SPF」と「PA」とは?

それでは、「SPF」「PA」は、なにを意味するのでしょうか。
「SPF」と「PA」は、紫外線防止効果の程度を表す値で、日やけ止めを選ぶ際の目安となります。

紫外線は、その波長の長さによって、UV-A、UV-B、UV-Cの3つに分類されています。

●UV-A
肌に見た目の変化をもたらさずとも、皮膚の内側にまで浸透して水分を奪い、シワ・たるみなど肌の老化を促進するといわれています。
●UV-B
日やけをした時の症状、肌に赤みやほてりをもたらします。メラニンを増加させて日やけによるシミ・ソバカスの原因を作ります。
●UV-C
大気圏外のオゾン層にて吸収されるため、地表には届きません。

SPFとは?
UV-Bの保護指数を表すのが、SPF値(Sun Protection Factor)です。「UV-Bによる、サンバーン(赤くなる日やけ)の防止効果」を表します。
数値が大きくなるほど、防止効果が高く、最大50+と表示されます。
PAとは?
UV-Aから肌を守る目安として設定されているのが、PA値(Protection Grade of UVA)です。「+」の4段階によって表され、「+」の数が多いほどUV-A防止効果が高いことを示しています。

・「PA+」(UVA防止効果がある)
・「PA++」(UVA防止効果がかなりある)
・「PA+++」(UVA防止効果が非常にある)
・「PA++++」(UVA防止効果が極めて高い)
紫外線対策についての情報はこちらもチェック!
夏以外の時期もUVケアは必要ですか?
日中、紫外線に当たる場合は、メイクアップをしておいたほうがよいのですか? 
紫外線防止剤の紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどこが違うのですか?

コープ化粧品の日やけ止めラインナップ

コープの日やけ止め7アイテムを、シーンに合わせてご紹介します。

CO・OP日やけ止め おすすめ使用シーン

ジョギング・スポーツ〜汗をかく時に〜

通勤・お買い物・お散歩〜手軽にさっと使える〜

海水浴・プール〜水に強い〜

化粧下地におすすめ〜スキンケア成分もしっかりプラス〜

CO・OP日やけ止め こんな方におすすめ

美肌を目指す方に

お子様や低刺激を求める方に

家族みんなで

日やけ止め商品一覧