あなたの声と、キレイを作る。e-cosmetics

よくある質問Q&A

紫外線はお肌にどういう影響を与えますか?

UV‐A、UV‐Bともに肌に悪影響を与えるので注意が必要です。

地表に届く紫外線にはUV‐A(A波)とUV‐B(B波)の2つがあります。同じ紫外線でもUV‐AとUV‐Bでは肌に及ぼす影響が異なってきます。紫外線の約90%をしめるUV‐Aは曇りの日やガラス越しでも肌に届きます。また、エネルギー自体はあまり強くないのですが、肌の奥の真皮まで到達し、影響を及ぼします。UV‐Aは肌の弾力を保っている真皮のコラーゲンや線維芽細胞などに悪影響を与え、シワ、たるみなどの肌の老化を促進させてしまいます。一方UV‐Bは夏に最も多く、エネルギー量はUV‐Aよりも強く、肌の表面に近い部分で炎症を起こす働きがあります。日やけした後に、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、水膨れになるのは、全てこのUV‐Bが影響しているからです。UV‐Bは、表皮の深部に届き、シミ、ソバカス、かさつき、シワ、炎症、黒ずみなどを誘発します。UV‐A、UV‐Bともに肌に影響を与えるので注意が必要です。