あなたの声と、キレイを作る。e-cosmetics

よくある質問Q&A

紫外線防止効果を表すといわれる「SPF」「PA」とは何のことですか?

紫外線を防ぐ目安の値です。

紫外線はその波長の長さによってUV−A、UV−B、UV−Cの3種類に分類されています。UV−Aは肌に見た目の変化をもたらさずとも、皮膚の内側にまで浸透して水分を奪い、肌の老化を促進するといわれています。曇りの日や、ガラス越しにも到達します。このUV−Aから肌を守る目安として設定されているのが、PA値(Protection Grade of UVA)で+の4段階によって表されます。UV−Bは日やけをした時の症状、つまり肌に赤みやほてりをもたらし重傷な場合は水ぶくれや炎症等をひきおこします。UV−Bの保護指数を表すのが、SPF値(Sun Protection Factor)です。数値が高いほど防止効果が高く、最大50+と表示されます。UV−Cについては、大気圏外のオゾン層にて吸収されるため、地表には到達しません。